安定した収入が得られる「正社員」

正社員として採用されるための条件を確認しておこう

工場の従業員の雇用形態は様々ですが、中でも正社員は安定した収入を得られることや、解雇や減給などのリスクが低いことから、工場勤務を希望する多くの人にとって大きな魅力があります。正社員として工場で働くにあたっては、年齢や実務経験、スキル、資格など様々な条件が厳しくチェックされることもあるため、余裕をもって就職活動に向けて準備をすることが大事です。特に、大手の自動車メーカーや機械メーカーなどの工場に新卒の正社員として働くには、工業系の大学や高校を卒業していることや、業務に直接関係がある免許や資格を保有していることが条件となるケースがあります。そうした中、妥協せずに正社員の仕事を探すうえで、早いうちから志望企業の採用選考に関する情報を集めることが肝心です。

長く正社員として働くなら基本給以外の待遇も要チェック

同じ工場で長く正社員として働きたい人は、採用選考を受ける前に基本給の他に、資格手当や家族手当、年間のボーナスの支給回数といった大事なポイントを押さえておくことが重要です。一般的に、業績が良い大手メーカーの工場は、正社員の基本給や各種手当の金額を高く設定しているところや、年に二回以上のボーナスの支給実績があるところをが目立ちます。また、福利厚生の一環として、希望者を対象に社員寮を提供したり、保養所やテーマパークなどの補助券を配布したりしているところも珍しくありません。そこで、待遇の良し悪しにこだわって工場の正社員求人を選ぶうえで、余裕をもって気になるメーカーの求人票や最新の採用案内のパンフレットなどに目を通しておきましょう。

求人情報サイトで派遣の求人を見つけたら、派遣会社へ出向いて登録手続きを行わなくてはなりません。求人内容によっては、就業前に派遣会社と就業先企業との間で、顔合わせを行うこともあります。

派遣の求人を選ぶ際は、勤務地、時給、仕事内容、そして福利厚生まで細かくチェックすることが重要です。また、派遣会社のサポート体制や派遣先の企業文化についても確認するとよいでしょう。